動画作成ツールを決める

写真中心の思い出系ビデオ

こちらは、静止画をつなぎ合わせて作るタイプの動画作成ツールです。
特に思い出の写真をつなぎ合わせて作られることが多く、結婚式や卒業式のビデオではよく見られます。

この動画作成ツールの特徴としては編集が簡単なことです。
また、スマートフォンのアプリでも多く配信されており、初心者でも簡単に高品質の動画を作ることができます。

デメリットをあげるならば、単調なビデオになりやすいため、ビジネスにはあまり向きません。
特に商品を紹介したり、自分のことを知らない相手だと、ビデオに対する興味を持たせるのが難しいかもしれません。

ただし、次に紹介する動画作成ツールの中に埋め込むという技術を使うと、静と動のバランスが取れてさらに質の高い動画を作ることができます。
素材動画としても使えるものです。

動きのある動画

こちらは、動画をつなぎ合わせたり自分でテロップやモーショングラフィックスを組み込んで作る動画作成ツールです。
これは先ほど紹介したように、モーショングラフィックスという手法が組み込まれるため、編集の難易度は高いです。
また、主にパソコンでの作業となるため手軽さという点には欠けます。

その代わりに、動きのあるシーンの連続や、音楽に合わせたグラフィックなど、自分の思うような動画が作りやすいため、上手く作ればかなりのアピール効果が期待できます。

特にビジネスにおいては、ビデオで相手にどれだけ興味を持ってもらうかという点が非常に重要になってくるため、より相手を引き込むことができるこのビデオは良く使われています。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c